「日本語教師業界就職サイト」案内

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
★★ベトナム日本語教師日記−毎日が想定外−★★
  日記を読む 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////


日本語教師になろう

日本語教師業界の基礎知識
Q:日本語教師業界の仕事内容
Q:日本語教師は資格が必要?
Q:資格がなかったら教えてはいけない?
Q:独学でも日本語教師になれる?
Q:日本語教師は外国語ができないといけない?
Q:日本語教師に収入ってどのくらい?
Q:日本語教師の仕事って、どうやって探すの?
Q:海外で日本語講師、注意点は?
Q:日本語教師の適性
Q:海外の日本語教師ってどんな生活をしているの?
  日本語教師ボランティア:日本語教師アシスタント・プログラム

日本語教師になるために
方法1.日本語教育能力検定試験に合格する

  日本語教育能力検定試験とは
  検定合格のための勉強方
  アルクNAFL通信講座:検定試験対策のための通信講座
  アスク「日本語教育能力検定試験試験対策 検定奪取コース

方法2.日本語教師養成講座に通う
 日本語教師養成講座を選ぶ前に
  日本語教師養成講座420時間
  長期(420時間)講座の選び方
  千駄ヶ谷日本語教育研究所
  ヒューマンアカデミー
  アークアカデミー
  日本語教師短期養成講座
  短期講座の選び方
  Academy of Language Arts
  日本語教育育能力試験対策講座
  検定試験対策講座の選び方

方法3.大学で日本語教育を専攻する
  日本語教育を専攻できる大学一覧



世界で日本語教師
アジア地域
ベトナム韓国台湾中国フィリピンタイモンゴルインドインドネシア
欧米地域
アメリカイギリスカナダロシアオーストラリアポーランド
中南米地域
ブラジル
中近東・アフリカ地域
シリアイスラエル南アフリカ
日本国内
日本国内

日本語教師になりたい人へのオススメ本
アルク月刊日本語(月刊雑誌)
日本語教師になろう−まるごとガイドブック−
日本語教師養成学校&海外プログラムガイド
ハノイの純情 サイゴンの夢
ジョクジャ雑記―日本語教師が見たインドネシア
アメリカの物差し、日本の物差し−実践的日米比較論−
子育ての後アメリカがあった−日本語教師に挑戦した1年間−
私は25歳、日本語教師−赴任先はオーストラリア
春の喇叭―サマルカンド日本語教師物語
遅ればせながら…日本語教師かろうじてまっしぐら!
日本語は生き残れるか
日本語教師必携 ハート&テクニック
日本語文法 学習者によくわかる教え方−10の基本−

日本語教師リンク集
日本語教師関連サイト
  
  

Q:資格がなかったら教えてはいけないんですか?


A:そんなことはありません。


先にあげた「日本語教師資格(に準ずるもの)」は、運転免許とか医師免許のような、「これがないと日本語を教えてはいけない」というものではありません。


続きを読む

日本語教師を海外でする場合の注意点は?

A:日本語教師海外でする場合は、日本と生活環境が大きく異なるので、以下のような点を十分に考慮して、就職を決めてください。その点とは…。

続きを読む

日本語教師の適性−私は日本語教師に向いてるの?−


日本語教師は自分に向いているのか、気になるところですよね。


日本語教師は、その名の通り、日本語を母語としない人に日本語を教える仕事です。教えるという仕事ですので、当然向き・不向きがあります。では、日本語教師に向いている人とはどんな人なのでしょうか。以下はKENの独断と偏見による、日本語教師の適性、です。

続きを読む

日本語教師業界の仕事の内容


日本語教師業界の仕事の内容とは、要するに日本語を母語としない人に日本語を教える仕事です。日本語ネイティブという特性を生かして、絵や実物などを使い、日本語だけで外国人に日本語を教えます(直説法と言います)。ですから、外国語能力は特に必要とされません。


活動の場は多岐に渡ります。大雑把に分けると、


続きを読む

日本語教師の毎日


海外日本語学校


日本語教師はどんな生活をしているのか、興味はありませんか。


海外と日本国内、日本語学校か大学などの公的機関か、ですいぶん違いますが、日本語教師がどんな生活をしているのかご紹介しましょう。


私の学校(民間日本語学校・ベトナム)の場合です。


海外の民間日本語学校の場合は、普通の人が「朝仕事へ行く前」と、「夕方仕事が終わってから」が働く時間です。日本の英会話学校なんかの講師と同じですね。



7時半   出勤。授業の準備。


8時〜9時半  朝の授業


9時半〜3時  お休み。昼寝をしたり、ぶらぶらしたり。


3時    再出勤。午後の授業の準備。


5時45分〜   午後の授業その1


7時15分    授業その1終了。


7時半    午後の授業その2


9時     授業その2終了。帰宅。



授業、教案作りになれてくれば、けっこう悠悠自適の生活ですね。慣れるまではすごく大変ですが。


これで給料が多ければ言うことないんですけどねえ。

日本語教師ボランティア:日本語教師アシスタント・プログラム


日本語教師ボランティアを海外でしてみたい、という方も多いようです。


日本語教師の仕事って実際はどんなものなのか、そもそも自分は日本語教師にむいているかどうか、自分にできるのかどうか、試してみるいい機会だと思います。


続きを読む

Q:日本語教師は外国語ができないといけないの?

A:日本語教師応募資格として外国語能力を要求する日本語学校は、日本国内外を問わずまずありません。ですから、外国語ができなくても日本語教師にはなれる、が一般的回答でしょう。


しかし…。


続きを読む

Q:日本語教師の収入ってどのくらい?


A: 日本語教師の収入では、普通家族を養って食っていくことはできません(笑)。


理由は諸々ありますが、要するに日本語教師業界は、多くの収入を期待できる業界ではないのです、ハッキリ言ってしまうと…。


ですから結論から言うと、「ボランティアでやる気はないのなら、副業をもちましょう」。


中身を見る

Q:日本語教師の資格?


A : 日本語教師になるための、定められた資格はありません。つまり、絶対に合格しなければならない国家試験や、必ず取得しなければならない公的資格などはない、ということです。


しかし日本語を教えるには、専門知識が無ければ教えられないのが現実ですし、求人情報を見ると「有資格者」を応募の条件としているのを多く見かけます。


この場合の「有資格者」とは、日本語教育振興協会や文部科学省のガイドラインに沿って、次のような人のことを指します。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。