Q:資格がなかったら教えてはいけないんですか?


A:そんなことはありません。


先にあげた「日本語教師資格(に準ずるもの)」は、運転免許とか医師免許のような、「これがないと日本語を教えてはいけない」というものではありません。



ボランティアで無給で教えようというのに、何十万もする日本語教師養成講座に通う、猛勉強して日本語教育能力検定試験を受験するのは、ムダ以外の何者でもありません(爆)。ボランティアとはそもそも、自分のできる範囲の中で社会に貢献することですからね。


相手だって無料、又は無料に近い金額で日本語を教えてもらえるのですから、多くを期待するのは筋違いというものです。


ただやはり、せっかくやるからには満足してもらいたい、と思うのも当然の気持ち。実際、日本語教師は「日本人だから」というだけでできるほど甘いものではありません。いい授業をするには、知識・技術が必要です。


今は日本語の教え方の通信講座などもありますから、ボランティアで教えてみたい、という方はこちらで勉強されたらいいでしょう。


日本語の教え方通信講座、例えばこれ↓
アルク 日本語の教え方短期実践講座



非常によくまとまっているので、オススメです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27228967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。