日本語教師を海外でする場合の注意点は?

A:日本語教師海外でする場合は、日本と生活環境が大きく異なるので、以下のような点を十分に考慮して、就職を決めてください。その点とは…。

食べ物、習慣、言葉が通じない・・・、海外日本語教師をしていると、意識しなくても疲労が澱のようにたまってくるものです。


ですから、病気がち、体力に自信がない…、といった方は、よく考えたほうがいいかもしれません。


また、言葉を多少なりとも覚えていくことは、その国に対する礼儀だと私は思います。参考書を買って、勉強していってください。


他にハード面では、給料以外に赴任先の学校が海外旅行傷害保険に加入させてくれるか、労働ビザの取得はどうなっているか、宿泊所の施設は、などをチェックしておくといいでしょう。


地域によっては、予防接種の必要などもあるかもしれません。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26016275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。