ベトナムの日本語教師事情

ベトナム日本語教師。アオザイや雑貨などで観光ブームとなったベトナムですが、日本語教師の就職事情はどうなっているのでしょうか。

ホーチミン市では、「日本語学校」と言えるものは大小取り混ぜ20校弱あります。

老舗の「ドンズー日本語学校」「さくら日本語学校」をはじめ、新興一大勢力「東京日本語学校」、日本語能力試験に特化し、ジャングルでゲリラ戦を続けるべトコンのような学校「A.C.C.日本語学校」etc。

で、日本語学校であれば「4大卒&420時間修了」の資格で潜り込めます。給料は平均すると、住居支給+$300前後、といったところが多いようです。インターネットでよく求人が出ますので、希望者は注意して見ていてください。

また、ネットにはほとんど出ませんが、日本語学科を持つ大学もいくつかあり、だいたいが慢性的日本人日本語教師不足に悩んでいます。こちらも4大卒、420時間修了で潜り込めますが、某○易大学では、まったく何の資格も経験もない日本人が、日本語教師として雇われていたこともありました(笑)。

ベトナム日本語教師として働ける場所はホーチミン市が一番多く、ついでハノイ、若干ですがダナンにも日本語教師としての就職チャンスがあります。

ホーチミン市のでの日本語教師求人サイトなんてのもありますので、参考までに。
http://www1.ocn.ne.jp/~nhatngu/giaovien.htm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。