ポーランドの日本語教師事情

日本語教師 in ポーランド。


ポーランドは、国民の教育・文化水準が高く、異文化に対する関心がとても強いそうです。親日的な人も多く、日本文化関連の行事はいつも満員となる程の盛況だそうです。


また、ここ何年かはポーランドにおける好況から、日本の大型投資が相次ぎ、両国経済関係は大きく改善し、日本語熱が益々盛んになってきているとのことです。


伝統的に大学ではかなり高度な日本研究がされているそうです。特に日本学科の古い伝統を持つワルシャワ大学日本学科は、古事記の原文訳本を出版するなど日本研究の指導的役割を果たしています。


また、天皇皇后両陛下(2002年7月)、小泉総理(2003年8月)がポーランド訪問の際に同学科学生と懇談しています。


日本語教師としての就職は、海外青年協力隊などのプログラムでないと難しいようです。


最後に、ポーランドの日本語教師の方(現在は帰国されています)のブログを紹介します。写真が多く、異文化の香りただよう楽しいブログです。

へなちょこ@ポーランド

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23976847
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。