ロシアの日本語教師事情

ロシア日本語教師…。どんなイメージがわきますか。


ロシアで正規の教育課程で日本語を教えている日本人日本語教師の多くは、政府機関や民間国際交流団体などのプログラムにより派遣されるケースだとのことです。



しかし派遣団体などのバックアップを全く持たず、現地教育機関と直接契約を結んでいる日本人日本語教師も、大都市・地方都市を問わず少数ながら活躍しています。


ただ教育機関の財政状況は概して厳しいため、十分な賃金が保障されることは少ないそう。ほぼ永住のかたちで滞在している場合、もしくは日本語教育の経験を積むためにほぼボランティアのかたちで滞在している場合のいずれかであることが多いということですから、門はかなり狭そうです。


ここでは、ロシアのウラジオストックで日本語教師をされているちぇぶさんのブログを紹介します。

日本語教師ちぇぶのウラジオ日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23162254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。