モンゴルの日本語教師事情



モンゴルでの日本語教師の需要は、近年増えてきています。


約10年前は、観光業従事や会社を興すことを目的に日本語を学習しようとする学生が主流を占めていましたが、ここ数年は自分の専門プラスαで日本語学習をする傾向が強くなっています。


また地方(ダルハン市、エルデネット市、ウブルハンガイ県、ホブド県、バヤンホンゴル県等)でも日本語教育が始まっています。


2002年6月日本政府の無償資金協力により、モンゴル国立大学に「モンゴル・日本センター」が建設され、ここで日本語教育や日本文化紹介事業を行っています。


なんとモンゴルで日本語教師として働きたい人は、ここに問い合わせができるとのこと。利用しない手はないでしょう 。


さてブログ紹介ですが、このモンゴル・日本センターで日本語教師をされていたmongolia_2005さんが作られたブログです。なんとモンゴルの日本語教育機関を写真つきで紹介しています。モンゴルで日本語教師をしたい人は必見です。
モンゴルの日本語教育機関


もうお一方、m3さんのブログです。
ももんごる


さらにもうお一方、ぶーさんのモンゴル写真日記です。
モンゴル モンゴル




大草原、地平線…。モンゴルはKENも憧れの地です。












日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23135820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。