日本語教師養成講座の選び方



日本語教師養成講座を大まかに分けると、@短期講座、A長期講座、B検定対策講座の3つに分けられます。


自分に必要なものをよく考えて、養成講座を選ぶようにしてください。



短期講座

420時間より短い講座を、通常短期講座と呼びます。特定の分野に特化した講座です。


長期講座

420時間以上の講座を、通常長期講座と呼びます。日本語教師に必要な像合力をつけることを目的とした講座です。


検定試験対策講座

10月に行われる、「日本語教育能力検定試験」対策の講座です。短期間で試験の攻略ポイントを学びます。













日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21474634
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。