子育てのあとアメリカがあった―日本語教師に挑戦した一年間



夫と子供の声援を受け、一人アメリカへ。


インディアナ州で日本語を教えるプログラムに参加。アメリカ人との交流を通じ、日本について考え、自分を見つめ直し、家族のきずなを再確認した。


新しい生き方を模索するあなたへの提言にあふれた一冊。















日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21194474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。