ジョクジャ雑記―日本語教師が見たインドネシア



インドネシアで日本語教師。この本は2部構成になっています。


第1章は、ジョクジャカルタでの生活や日本語教師の仕事を通して感じたことを月に一度、日本の同僚、友人、家族らに書き送った月報形式の近況報告をまとめたもの。


第2章は、三度目の赴任時にインドネシアで遭遇したできごと、かつての同僚や教え子との再会などについて、帰国後に記したものです。


面白おかしく、ときにホロリとさせる内容。


金銭的な余裕のある方の記録ですので、若い日本語教師志望者の参考にならない面もあるかもしれませんが、読んで面白い一冊です。














日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。