日本語教師業界の仕事の内容


日本語教師業界の仕事の内容とは、要するに日本語を母語としない人に日本語を教える仕事です。日本語ネイティブという特性を生かして、絵や実物などを使い、日本語だけで外国人に日本語を教えます(直説法と言います)。ですから、外国語能力は特に必要とされません。


活動の場は多岐に渡ります。大雑把に分けると、


国内:日本語学校、大学、市役所のボランティア教室など。

国外:日本語学校、大学、研修生の送り出し機関、日系企業内など。


また、海外での日本語教師としての働き先に、青年海外協力隊があります。任地を選べない・任期(3年)がある、などの短所もありますが、日本語教師としては破格の待遇で赴任できます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20291593
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。