日本語教師の毎日


海外日本語学校


日本語教師はどんな生活をしているのか、興味はありませんか。


海外と日本国内、日本語学校か大学などの公的機関か、ですいぶん違いますが、日本語教師がどんな生活をしているのかご紹介しましょう。


私の学校(民間日本語学校・ベトナム)の場合です。


海外の民間日本語学校の場合は、普通の人が「朝仕事へ行く前」と、「夕方仕事が終わってから」が働く時間です。日本の英会話学校なんかの講師と同じですね。



7時半   出勤。授業の準備。


8時〜9時半  朝の授業


9時半〜3時  お休み。昼寝をしたり、ぶらぶらしたり。


3時    再出勤。午後の授業の準備。


5時45分〜   午後の授業その1


7時15分    授業その1終了。


7時半    午後の授業その2


9時     授業その2終了。帰宅。



授業、教案作りになれてくれば、けっこう悠悠自適の生活ですね。慣れるまではすごく大変ですが。


これで給料が多ければ言うことないんですけどねえ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18717508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。