日本語教師ボランティア:日本語教師アシスタント・プログラム


日本語教師ボランティアを海外でしてみたい、という方も多いようです。


日本語教師の仕事って実際はどんなものなのか、そもそも自分は日本語教師にむいているかどうか、自分にできるのかどうか、試してみるいい機会だと思います。


養成講座を受講するには40万〜60万もかかりますから、まずは日本語教師体験をして、よく考えてから申し込みをしたほうがいいということもあるでしょう。


420時間受講したけど、結局日本語教師になるのはやめた…、なんてあんまりにももったいないですからね(でも実際はこういう人、かなり多いんですよね)。


留学語学留学や海外での日本語教師ボランティアを斡旋する会社なんかも、今は結構ありますから利用してみるのもいい考えだと思います。


でも、たちの悪い業者もたくさんいますからね。業者は慎重に選んでください。


チェックポイントは


@問い合わせに親切に答えてくれるか。

現地の事情を知りもしないで、右から左へ人を流して紹介料だけもらう、という悪徳業者も中には存在します。宿泊・プログラム内容などを質問して、ちゃんと答えられないようならやめたほうがいいでしょう。


Aサポート体制は整っているか。
業者を使う一番のメリットは、サポートがあるかないかです。言葉もよくわからない異国で万一病気になってしまったら、事故にあってしまったら…。要チェックです。


B明朗会計かどうか。
「これいくらであれいくら、全部でこれだけ頂きます。料金に含まれているものはこれ、含まれていないものはこれです。」とはっきり答えてくれる業者を選ばないと、あとあとトラブルのもとになります。



体験記などは、参考程度と考えましょう。ないのは論外ですが、あっても本当とは限りません。業者が自分で作文することだってできるんだし…。


そんなこんなで、1つだけ私が自信をもってオススメできる業者を紹介します。


BANZAI International
http://www.banzai-international.com/



どうしてオススメできるかって?


代表の河野さんの人柄を、私がよく知っているからです。


実は私の学校も日本語教師ボランティアの受け入れをしていますが(上記HPのベトナム・ページを見てください)、河野さんのところ以外は受け入れていません。


ボランティアを受け入れてくれ、という業者からの問い合わせはこれまで何件もありましたが、実際にベトナムの学校まで見に来てくれたのは河野さんだけでしたから。


上記チェックポイントも、ばっちりOKです。


ということで、日本語教師体験をしてみたい方は、もしくはKENとちょっといしょに仕事してみたい方(笑)、こちらまでどうぞ。



BANZAI International

http://www.banzai-international.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。