Q:日本語教師の資格?


A : 日本語教師になるための、定められた資格はありません。つまり、絶対に合格しなければならない国家試験や、必ず取得しなければならない公的資格などはない、ということです。


しかし日本語を教えるには、専門知識が無ければ教えられないのが現実ですし、求人情報を見ると「有資格者」を応募の条件としているのを多く見かけます。


この場合の「有資格者」とは、日本語教育振興協会や文部科学省のガイドラインに沿って、次のような人のことを指します。


1. 大学で日本語教育を主専攻または副専攻して修了した人
2. 日本語教育能力検定試験に合格した人
3. 日本語教師養成講座420時間を修了した人


このうちのひとつを満たしていれば、日本語教師の資格を持っている人と見なされます。


地域別でいうと、欧米で働こうと思うのなら、上記の資格+大学院まででないと難しいと思います。

英語圏でしっかり給料もらって日本語教師…とっても門は狭いです。


アジアなら420時間の日本語教師養成講座を出ていれば大丈夫でしょう。ただし給料が安い(よくて数万円程度)でありことは覚悟してください。


国内であるなら、やはり420時間の養成講座を出ておいたほうが近道です。もちろん、講座を受けたからといって日本語教師になる道が保証されるわけではありませんが。


「日本語教育能力検定試験」は10月に行われます。日本語教師養成講座を終了していて、さらにこの検定にも合格していると有利になることもあるようです。よく募集の条件としてあげられています。


合格率は毎年20%をきり、なかなか難しい試験ではあります。


この記事へのコメント
初めまして。私はイギリス在住のものです。日本語教師になりたくて、私がこの資格を取れる一番いい方法を今 探しています。いずれは オーストラリア・ニュージーランドで教えるのが 目標なんですが 自分の最終学歴が 短期大学なんです。オセアニアでは4大卒の学歴が日本語教師になる条件の一つとされますか? 石川さんのホームページをみてさらに頑張るぞ!!という気持ちになりました。いま働いているところでタイ人やマレーシア人が多く日本語のいろんな質問が飛んできます。あーきちんと答えられたらいいなと毎日思っています。石川さん 頑張ってくださいね。応援しています。  
Posted by ゆうき ベニストン at 2007年03月06日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。